ある本との出合い

医学書あさりの日々の中で、私が出会った素晴らしい一冊がについてお話ししましょう。
それはイギリスの女性精神科医の先生が書いた本で、パニック障害の症状と対処の仕方が書かれているものでした。

今までにもこういったハウツー本は何冊か目を通していましたが、この本は読んだとたんに目からうろこがポロポロと落ち、すっかり私の座右の書になってしまいました。
この先生の言葉を借りるとだいたい次のような表現になります。a1180_005994

■パニック発作は健常な人でも時折感じる一般的な症状です。

■特に疲れたときや睡眠の足りない時など私(先生自身)も発作の到来を感じます。

■もし、あなたがパニック発作に見舞われたら、その症状をよく観察し「今自分は心臓がドキドキして息苦しく冷や汗が出ているな」などと、自分の状態をしっかり把握してください。

■症状を把握したら、その症状のはるか上、雲の上を歩いてみましょう。

■さぁ、自分の心臓はいったい破裂しましたか?いくら息苦しくとも呼吸は止まっていませんね。冷や汗はいつまで出るか試してみましょうか?

■そうです!その調子で自分の症状を客観的に見ていると、パニック障害もいつか克服できるものなんですよ。

古い話でうろ覚えの部分はありますが、パニック障害を見つめる「優しい目」を感じて頂けたでしょうか?

本を読んでの感想は人それぞれでしょうが、私はこの本に出会って以来、どんなに激しい発作の時にも「症状の上、雲の上を歩くんだ」という思いでなんとか乗り切ってこられた、まさに救いの一冊です。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。