出来ることは自分でさせよう

パニック障害の患者さんだからといって、何から何まで面倒をみるというのも考えものです。パニック発作に見舞われていない時の患者さんは、健常者と同じように生活できるものです。家族の協力の下、自分でできることは自分でケアさせるようにしましょう。

食生活もバランスを考えたメニューにし、1日3食きちんと食事をとり、早寝早起きのリズムをきちんとして、規則正しい生活を送るようにしましょう。そうすることで生活の質が変化し、パニック発作を起しづらい身体が作られていくのです。a0790_000849

また、きちんとした食事や生活を続けると、風邪もひきづらくなります。風邪を引いているとパニック発作が出やすいという調査結果もありますので、健康管理には十分注意をするようにしましょうね。

カフェインもパニック発作を起こしやすくしますので、コーヒーや紅茶などのカフェインが多く含まれているものをなるべくとらないようにします。さらにアルコールやタバコの摂取は控えるか、できれば禁酒・禁煙が望ましいですね。

これらはすべて自分の意志でできることですので、しっかりと自己管理をさせることが大切です。なによりも、ストレスをためないように、その都度発散できるような環境作りも大切です。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。