病院へは同行しよう

パニック障害だからといって、腫れ物に触るような態度をとる必要はありません。だからといって、見て見ぬふりも患者さんに孤独感を感じさせ「誰も理解してくれない」と自信を喪失させる原因にもなりかねないので、さけたいですね。

患者さん本人はとても苦しい思いをし、不安や恐怖の世界にいるんだ、ということを理解して、暖かく広い気持ちで接するようにしてあげましょうね。

病院への診察には、できれば同行しましょう。患者さんと一緒に家族が医師の話を聞くことによって、パニック障害という病気をより深く理解することができ、患者さんの不安や症状に対しての対応を身につけることも出来るのです。a0055_000848

また同行する事によって、病院に行くまでに発作が起きたらどうしよう、という患者さん本人の不安度も和らげることができます。たとえ病院に行くだけであっても、症状の重いパニック障害の場合には、不安や恐怖を感じるものなのです。

病院だけではなく、外出するときは、一人よりも同伴者がいた方が誰でも安心できるものです。けっして「甘やかしているている」のではありません。
症状が安定するまでは、患者さん本人が希望する時は、同行するのが望ましいでしょう。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。