話を聞いてあげよう

人間はコミュニケーションすることで自己を確認できる唯一の動物です。誰も1人では生きていけず、自分の事をみんなに見て欲しい、話を聞いて分って欲しいと思っています。そして自分の考えや行動を肯定し、評価して欲しいと考えるものなのです。

パニック障害の患者さんも例外ではありません。話を聞いてあげるだけで、患者さん本人の気持ちが少し和らぎます。自分の不安や苦しさを誰かに話し、分かち合って欲しいのですね。この時注意すべき点は、あくまでも聞き役に徹するということです。a0150_000094

また、患者さんの話を聞いて自分の意見を言ったり、押しつけるようなことは極力やめましょう。多かれ少なかれ、患者さんはストレスを抱えています。話すことでストレスが発散されますので、話せる状態であればどんどん話を聞いてあげてくださいね。

そうしていくうちに患者さん自身が、自分の病状を自己の外側から、客観的分析できるようになってきます。そうなれば時間の経過ととも、にパニック発作の不安にも正しい対処法を見つけ出せるようになり、治療の効果も著しくあがってくるでしょう。

時には同じことばかり繰り返され、患者さんの話を聞くことが苦痛に感じられることもあるかもしれません。しかし家族の暖かい思いやりが、パニック障害を直す助けにもなりますので、おっくうがらずに付き合ってあげてください。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。