医師と二人三脚

パニック障害と診断されたら、完治に向けて治療がすすめられます。治療には薬を使って発作を抑える薬物療法と、心理カウンセラーが行う精神的な方面での治療が主にになりますが、前者はパニック障害に対する対症療法となり、根本的な治療は精神療法になります。

パニック障害は自分一人で治せるものではありません。医師と二人三脚するつもり治療にで向き合いましょう。最終的に病気を克服するのは自分ですが、医師やカウンセラーの指示もとても大切です。医師やカウンセラーと信頼できる関係を築くことも必要ですね。a0002_009355

また、処方された薬を「飲み続けると依存症になるのでは?」と勝手にやめてしまうと、治療前よりも状態が悪くなる場合があります。医師の処方に従っていれば、薬物依存などになる可能性はありませんので、処方された薬は医師の指示があるまで飲み続けましょう。

パニック障害が完治するまでは、途中で通院をやめるようなことはしないよう、最後までしっかりと、自分は病気を治すんだという意志を強く持って治療に望みましょう。

自己判断や聞きかじりの知識で通院をやめたり、転院したりすると、堂々巡りをすることになり、そのぶん回復も遅れてしまう結果になります。貴重な人生の時間は、効率よく使いましょうね。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。