自律訓練法

自律訓練法は、ドイツの精神科医であったシュルツによって体系化された一種の催眠誘導療法です。催眠に誘導された人が、腕や脚に重たさや温かさをしばしば感じるという事実から、その感覚を自己暗示により生じさせ催眠状態をつくる療法です。

聞くところによるとサッカーの中村俊介選手も、フリーキックの直前に自律訓練法を行っているということです。上手にトレーニングを積めば、一瞬でリラックスした状態に持っていけるということなのでしょう。

ここで自律訓練法のやり方をざっとご紹介しましょうa0002_011013

■準備と姿勢について
ゆったりとした気分になり、リラックスした姿勢で椅子に座って、両手は軽くひざの上に置きます

■次の6つの感覚を順にゆっくりと、できるだけリアルに思い描いてください
1. 手足が重たい
2. 手足が温かい
3. 心臓が静かに打っている
4. 楽に呼吸している
5. お腹が温かい
6. 額が心地よく涼しい

■すべて終わったら、のびなどして体を動かし、意識をはっきりさせましょう

自律訓練法は心と体の緊張をほぐすのが目的の療法です。またこれと同じような方法としては、座禅や瞑想などがあげられます。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。