自立支援医療費の申請方法

自立支援医療費の申請には、自立支援医療用の申請書に使う医師の診断書が必要になります。

医療機関によって多少の差があるようですが、おおよそ3000~5000円程診の断書料がかかってきます。また保険証の写し、所得に関する書類、縦4cm×横3cmの顔写真賀必要になるのでを用意しておきましょう。

保険証の写しに関しては、国民健康保険の加入者は、加入している被保険者全員が分かる写し、それ以外の保険証の方は、自立支援医療を受ける人、その人が加入している健康保険の被保険者が分かる写しを用意してください。a0002_008610

通常、受診者は障害者本人ですが、受診者が18歳未満の場合は保護者が申請者となります。

また所得に対する必要書類は、生活保護や非課税世帯などでも変わってきますので、お住まいの市町村の保健センター(保健福祉課保健指導係)に詳しいことをお問い合わせください。また、申請書等の様式も保険センターに用意してあります。

必要な医療を受けるために自立支援医療費を申請する事は、けっしてはずかしい話ではありません。反対にみっともないからと治療を行わず、パニック障害を悪化させてしまうことの方がもっと重大ですよ。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。