家族との関係

パニック障害になると重要になってくるのが家族の理解です。きちんとその病気を理解して、優しく見守る姿勢が大切になってくるのですが、これは結構忍耐のいるものであることも事実です。

私の場合、最初のパニック発作の時に主人が一緒にいた事もあり、目の前で一連の出来事を目撃し、その後も会社で何度か倒れた際には、同僚からの電話で呼び出された主人が、車で迎えに来るといったことによって、パニック障害をかなり理解してもらえたのです。a1180_007325

家族の理解という点では、パニック障害患者の中では幸せな方だと、彼には今でも感謝しています。

ただパニック障害は1~2年で完治するといった病気ではないため、日常生活の中でも家族はも結構なお重荷を背負わされます。旅行の時など、軽飛行機の中で読んで字のごとく「パニクっている」私に、さぞかし鬱陶しい思いをした事でしょう。

またパニック発作に慣れている自分は「そろそろ来るな」という発作の予感のようなものが芽生えてくるのですが、長年それを見ている主人も、発作前の私の動作から「あ、今おかしいでしょ!」とすっかりパニック発作の前兆をかぎとっているのでした。

主人に限らず、親や兄弟の理解というも私にとっては貴重なはげましになりした。
「頑張って」ではなく、パニック障害を優しい目で見守ってもらうことが、患者としては一番うれしいことなんですね。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。