病院での問診内容

精神神経科や心療内科を受診するのは、内科や外科と違い、経験が少ないことだけに戸惑いも感じることと思います。パニック障害かどうかの診察を受けるときに、必要以上に慌てないために、主な問診内容を知っておきましょう。

問診で聞かれることは、だいたいどこでも下のような内容になります。

■最初のパニック発作が起きた時期
■一番最近のパニック発作の時期
■パニック発作が持続していた時間a0002_001949
■これまで何度くらいパニック発作を起こしたのか、その回数
■パニック発作のときに現れた症状
■過労や心配事など、自分で思い当たるパニック発作の原因
■家族構成や育った環境、学歴、職歴など
■罹患して病気の有無、またその状態
■服用している薬があるかどうか
■飲酒、喫煙の有無とその量
■日頃感じているストレスの内容
■家族、近親者ににパニック障害の患者がいるかどうか

主にこのようなことを聞かれると思いますが、何でも包み隠さずに医師に打ち明けることが大切です。医師はあなたの味方なのですから、恥ずかしがらずに自分の思っていること、感じていること正直にを話しましょうね。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。