無理強いは禁物

パニック障害の患者さんの家族や、周囲の人達に一番必求められることは、病気への理解です。パニック障害がどんな病気なのか、正しい知識を持って偏見の目で見ず、広い心で接するようにしましょう。

パニック障害は患者さん本人だけではなく、家族も一緒に向き合わなければならない病気です。傍目には何でもないように見えても、患者さん本人はとても苦しい思いをし、不安や恐怖の世界にいるということを理解してあげましょうね。

また家に閉じこもり気味だからといって、外に散歩に出ようと無理に誘ってはいけません。なぜならパニック障害の患者さんが必ずもっている症状に、またパニック発作が起きるのではないかという「予期不安」というものがあるからです。a0027_000646

パニック障害患者は、外に出てパニック発作が出たらどうしよう!という予期不安や恐怖に支配されています。この不安はとても強いもので、パニック障害という病気を支配しているといってもいいものなのです。

本人が自分から進んで行く以外は、無理に誘って外に連れ出したりしないようにしましょう。無理に連れ出すと、せっかく回復してきた症状が悪化し、逆に症状が後退する場合がありますので、くれぐれも無理強いをしないことが大切です。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。