パニック障害と似た内臓疾患

パニック障害の症状に似た症状を持つ病気は沢山あります。
その中でも間違えやすい病気がいくつかあり、。パニック障害の症状のパニック発作を起こす病気もあるので、間違えないような注意が必要です。

喘息による呼吸困難も、パニック障害同様不安感がつきまといます。非常に似た症状を呈しますが、同じ呼吸困難でも喘息の呼吸困難では、咳を伴うことがほとんどですので、発作が起きたらパニック障害を疑う前に、まずは喘息を疑うのがいいでしょう。

また心臓病でも胸が締め付けられるように苦しくなり、呼吸が困難になります。パニック発作を起こして救急車で運ばれ、一番に疑われる症状がこの心筋症などの心臓病です。パニック障害を起こしたら、まず心電図をとり、心臓病の有無を調べましょうね。a0002_001953

パニック障害と間違えやすい症状を持つものに、更年期障害があります。動悸、息切れ、めまい、ふるえや倦怠感などがあり、体が火照りやすくなって汗もかきやすくなります。

ですが発作的なものではなく、パニック障害が起きやすい20~30代という年齢を考慮すると、症状は似ていてもパニック障害ではなく、更年期障害であることがほとんどです。

これらの他にも数え切れないほど似たような症状を持った病気があります。それらは低血糖、褐色細胞種、僧坊弁逸脱症、甲状腺機能亢進症、不整脈、側頭葉てんかん、メニエール病など、多岐に渡ります。

これらの病気はは心電図や血液検査で容易に判別がつきますので、パニック障害を疑う前に、きちんとした検査をする必要がありますね。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。