なぜうつ病になるのか

パニック障害からなぜ「うつ病」が発症してしまうのでしょうか?なんだか不思議ですね。
ただその原因を掘り下げていってみると、パニック障害につきものの「不安」と密接な関係があるのでが分ってきました。

パニック障害の症状の経過の中では、パニック発作を起こた人は、だれでも次ぎに再び発作が起きるのではないかという予期不安に襲われます。
そして予期不安はたいへん強力な不安感と恐怖感を患者さんに与えるものです。a0003_000884

この予期不安のために、パニックが起きるのではないかという場所に対して、その場に行く事や、そこに通じる乗り物に乗れない、などの広場恐怖へとつながっていきます。
そのため外出するのが怖くなり、家に閉じこもりがちになってしまうのです。

また、広場恐怖症がひどくなると、仕事や学校に通うという、ごく普通の社会生活に対しても支障が出るようになり、自身を失う不安が抑うつへと移行していくのです。

いったんうつ病の症状が出てしまうと、患者さん本人が辛いばかりか、治療にも時間が長くかかってしまいます。ですからこうした症状が出る前に、なるべく早くパニック障害の治療を始める必要があるのですね。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。