二次的うつ

パニック障害と併発して発病するうつ病は一般に「二次的うつ」と呼ばれています。
これはパニック障害と一緒に出てくる症状ですが、医学的にはパニック障害とは一緒にせずに、別な病気として分けて考えられています。

二次的うつ病はジワジワと少しずつ進行していくので、パニック障害の患者さんはもちろん、一緒にいる家族や時には医師ですら気づかないうちに進行していることがあります。
なんだか「おかしいな」と感じた時には、すでに発病しているので要注意ですね。a0027_000640

それというのも二次的うつ病は、気持ちが沈みがちになるだけで、他には主だった症状がなく、逆にパニック発作の回数は減ってくるという特徴のためです。

ですから患者さんも周囲も、パニック障害が良くなりつつあるのだと勘違いし、さほど気にかけない場合が多いことが発見が遅れる原因になってしまうんですね。

しかし、パニック障害の症状がうつ病にまで発展してしまうと、人生の貴重な時間を無駄に過ごす事になってしまいますので、できるだけ早急な治療が必要ですね。

また、発見が遅くすでに二次的うつ病を併発してしまったとしても、正しい治療を受ければ必ず回復するものですので、安心して医師に相談してみてくださいね。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。