さまざまな症状

■パニック障害の症状が出ると不安感と同時に恐怖感に支配され、体がフワフワ宙に浮いているような感覚を覚えることもあります。

■自分は頭がおかしくなるのではないか、このままどうにかなってしまうのではないかという生命の危機まで感じてしまいます。

■いやな汗が異様なくらい出てきて、寒気がしたり反対に火照りを感じたりします。

■パニック障害の特徴の大きなものとして、多くの人が最初の発作を起こした場所に恐怖感で近づけなくなるというものがあります。 「さまざまな症状」の続きを読む…

パニック障害ってどんな病気?

たとえば天災や交通事故などの現場では誰しもパニックに陥ります。でもそれは身体がストレスに対して正しく反応しているために起こる状態ですので、問題になるストレスが無くなればすぐに元に戻るものです。

パニック障害とは、パニックを起こす必然性のない場合でも身体が異常に反応してパニック状態を起こしてしまうという病気です。

パニック障害発作はなんの前触れもなく突然訪れます。
自律神経の症状としてふいに心臓がドキドキして息が苦しくなる、人ごみの中でめまいと動悸が激しくなり、今にも倒れてしまいそうになるなどです。 「パニック障害ってどんな病気?」の続きを読む…