リラックスが大切

仕方のないことですが、パニック障害の患者さんは常に気を張っています。今度はいつ発作が起きるのだろう?という不安や恐怖心が心を占領して、心どころか身体までガチガチに張り詰めているものです。

この硬化した不安感や緊張が、やがてストレスに変わっていき、最後にはうつ病になってしまいまう事もあるのです。難しいことだと思いますが、なるべくリラックスできるように心がけましょう。

自分にあった方法で、気持ちを落ち着かせられるようにコントロールできると、パニック障害の治療も比較的楽に進みます。焦らなくてもいいですから、ゆっくりと深呼吸することからでも始めてみましょうね。a0002_009379

うつ病まで併発してしまうと、何事に対しても前向きに取り組むことが出来なくなりますので、生活面でさまざまな弊害があるばかりではなく、治療しようという意欲も低下してしまいますので、パニック障害の治療も思うように進まなくなります。

どんなささやかな事でもいいので、なるべくリラックスできる方法を自分なりに考えてみましょう。例えば好きな本を読んだり、好きな音楽を聴いたり、家族や周囲の人と会話を楽しむだけでも、リラックスできるのではないでしょうか。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。