うつ病の治療が先決

どうにもやる気が出ない、体調も優れず夜も良く眠れないし、会社にも行きたくない。
そんな症状が出てきたら、パニック障害からうつ病を併発した可能性を疑ってみるべきでしょう。

パニック障害からうつ病になってしまった時には、まず先にうつ病の治療を行い、うつ病が完治した後に、前向きにパニック障害の治療に取り組めるようにしていきます。
うつ病は、治療が遅れると治りづらくなりますので、早めに治療を開始しましょう。

具体的には、副作用の少ないマプロチリンなどの軽めの抗うつ薬を使用します。そしてできるだけ心の休養をとり、また、重度の場合は三環抗うつ薬のイミプラミン、クロミプラミンなどで本格的にうつの治療をする場合もあります。a0027_000643

その患者さんの状態により、治療法や使用する抗うつ剤は違ってきますが、しっかりと真面目に取り組めば、約3ヶ月ほどでうつの症状は消えていきます。
パニック障害治療の前に、まずはうつ病を治すことが先決になるわけですね。

また、パニック障害を放っておくと、こうしたようにうつ病の症状も出てきてしまいますので、うつ病が併発される前に、信頼できる医師と一緒にできるだけ早くパニック障害の治療に取りかかりましょう。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。