パニック発作を起こす精神疾患

パニック発作を起こす精神疾患は、パニック障害だけではありません。

パニック障害の症状は、パニック発作だけではないとことはお分かりいただけたことと思います。またパニック発作もパニック障害だけで起るものではありません。他の精神疾患でこの発作を伴うこともあるのです。

パニック障害自体も精神疾患になりますが、それ以外の精神疾患でもパニック発作を起こすものがあります。少しあげてみましょう。

うつ病、人格障害、精神分裂症、心気症、強迫性障害、外傷後ストレス障害、ある種の恐怖感など、ざっと思い起こしただけでも数多く挙げられます。またアルコール依存や薬物依存での中断時や、薬物中毒などの時にもパニック発作がおこります。a0002_001956

同じ精神疾患でパニック発作を起こすものでも、これらはパニック障害と別の病気になり、治療の方法も異なるものとなります。このように、身体的な面でも精神的な面でも、パニック障害に似た病気はここに掲載しきれないほどあります。

大切なことは、自分の症状を医師に正しく伝え、医学的な判断を仰いでから治療するということです。素人考えだけで自分はパニック障害だと決め付けることは、他に隠れている恐ろしい病気の発見を遅らせ、その分治癒にも時間を要するので危険なことなんですね。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。