パニック障害と広場恐怖症

広場恐怖症とは一度パニック発作を経験した人が、決まった場所や状況を避けるようになることです。

もしまた発作が起ったら…逃げられない場所や助けを呼べないような場所にいられないと不安と恐怖に支配され、自分が内側から壊れていくような気分になり、死んでしまいたい、いや死ぬのではないか、と恐怖感のとりこになるのです。

その結果、多くの患者さんが電車やバスに乗ることがむづかしくなります。
また、美容院や歯科など長時間同じ場所に座っていなければならない場面にも耐えられなくなくなり、その場所に居ることが発作の引き金になったりします。a0001_007972

また、これまでにパニック発作を起こした場所へは、間違いなくと言っていいほど近づけなくなるのも特徴のひとつですね。

軽い症状の場合は、1~2つの状況を避けるだけで日常の生活には困らない程度になります。これは通勤や通学にも支障がなく、買い物も自分で行ける状態ですので、周りの人からはパニック障害患者であるという事が分らないものです。

これが重い症状になると、電車やバスがまったくといっていいほど利用できなくなり、歩いて行動できる範囲でしか出かけられなくなります。この段階では乗り物の中にいると叫びだしたくなるような強い不安を感じます。

これよりも更に症状が重くなると、一人で外出できなくなってしまいます。仕事や学校に行くことはもちろんのこと、家から出ることすらできずに引きこもり状態になってしまうこともあるのですから、パニック障害はあなどれない病と言えるでしょう。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。