パニック障害が女性に多い訳

パニック障害は男性女性にかかわらず罹る病気ですが、発病する割合は2:1で圧倒的に女性の方が多いのも特徴です

ではなぜ女性が男性の倍もの確立でパニック障害にかかりやすいのでしょうか?いっしょに考えて見ましょう

■パニック障害はホルモンバランスとの関係が深く、女性の場合生理前の時期になると不安要素が増すのも一因ではないかとも言われています

■女性は男性に比べ複雑な身体構造を持っているため生理周期によって身体の状態が変化し、安定した身体の状態を保ちづらいためとも考えられますa0001_007753

■自分ではノンキな性格だと思っていても、内面は感受性が強かったり完全主義や周囲に気を使うという傾向を持っている人が多く、男性よりもパニック障害になりやすい要因を持っているようです

それに加え最近の社会構造の変化により、女性が昔のように短大や大学を卒業して一般職として入社し、結婚もしくは出産を機に退職、子育てが一段落したらパートに行くといった一般的なの生き方ができにくくなったことも関係しているのではないでしょうか

一般職で男性と同様に社会的責任をおったり、派遣や特殊技術を持つ立場で働くなど、女性をめぐる職場状況や人間関係が多様化してきたこともパニック障害を発病させる要素になってきているのかもしれませんね

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。