パニック障害の原因

パニック障害は別名はパニックディスオーダー(Panic disorder)いわゆるPDとも言われ、パニック障害という言葉の無かった時代には自律神経失調症とか不安神経症と診断された時期もありました。

強い猛烈な「不安感」をおもな症状とするパニック障害は、脳の研究が進むまでは気のせいだとか性格のせいだとか言われていました。そのため周囲が理解を得られず、患者さん本人は病気とともに孤独感や疎外感まで味わうことが多かったようです。

パニック障害の原因はまだはっきりと分かっていませんが、脳内神経伝達物質のバランスの乱れが原因であることが分かってきました。a0001_007801

最近では研究が進み、脳内神経伝達物質のバランスの乱れが原因とされています。
具体的には神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの乱れによってパニック障害が起きるのではないかと考えられています。

また二酸化炭素や乳酸が原因で発作が起りやすいということも分ってきました。
タバコやアルコール、カフェイン等の嗜好品が関わりがあるという事や気質的遺伝、睡眠不足、過労もパニック障害の引き金になると言われています。

脳が原因になっているために、胸が苦しくなって病院にかけこんで呼吸器の検査や心電図などをとっても何一つ異常が見つからないのはそのためですね。

神経伝達物質の乱れを治すことで、パニック障害も改善されます。つまりパニック障害は「治る病気」ですので、ゆったりとした気持ちで治療を続けていくことが大切です。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。