パニック障害とお酒の関係

暑い日やお風呂上がりのビール、お料理に合ったワインなどはたまらなくおいしいもの!
パニック障害の患者さんの中にもお酒が好きな人は多いでしょうね。

誰でもそうでしょうが、お酒を飲んだ直後はほろ酔い気分で気持ちが軽くなり嫌なことも忘れられて不安もどこかに吹き飛んでしまいます。
ですが残念ながらこの効果は長時間続くものではありません。

お酒の酔いが覚めると反動が起き、飲む前よりも不安感が強くなってしまうので要注意!飲んだあとのパニック発作やパニック障害の悪化が多いのはそのためなんですね。a0001_007836

またパニック障害の治療のために飲んでいる薬の中には、アルコールと一緒に体内に取り込んではいけないものもたくさんあります。

薬の効き目がなくなったり、反対に効き目が強く出すぎてしまう場合があり、特に抗不安剤はアルコールと一緒にとると様々な危険性が出てきます。

パニック障害の治療中であれば、早く完治させるためにもアルコールの摂取はほどほどに、できれば飲まないに越したことはないでしょうね。

お医者さんの中には治療のために禁酒をさせる方もいるくらいですから、「一時断酒」を心がけるなどして、早くパニック障害という病気を完治させましょう。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。