パニック障害とタバコの関係

パニック障害にかかわらず、タバコの害は広く知られていますね。しかし意外な事にパニック障害の患者さんの喫煙率は一般の人の喫煙率よりかなり高いということはご存知でしたか?

アルコールと同じくニコチンを含んだタバコも吸っている間はイライラが解消され、スッキリとして一時的に不安感がなくなったように感じます。

ですが反対に喫煙できない状況にあると強い不安感を感じてしまうため、マイナス思考に陥りやすくなってしまうのだそうです。またアルコールよりもタバコの方が依存性が強い上に昼夜を問わず口にできるため、やめる事がなかなかむずかしいようです。a0001_007878

パニック障害で喫煙する患者さんとしない患者さんを比べると、喫煙する患者さんの方が予期不安や広場恐怖の症状が強く出ているそうです。またマイナス思考も強くなり、ストレスをより感じやすくなっていることが分かっています。

喫煙はパニック障害に見られる様々な症状を起こすきっかけになり、症状を悪化させるばかりではなく、パニック障害が治った後にも良くない影響を与えものなのです。

パニック障害に罹ったらタバコの本数を減らすか、できればきっぱりと禁煙する事がのぞましいですね。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。