ゆっくり眠ろう

パニック障害の患者さんには、夜眠れないという人も多いものです。眠れない時は、暖めたミルクを飲んだり、ぬるいお風呂に入ったりして、なるべく眠りを誘うような努力をしてみましょう。

健康面はもちろんのこと、精神面のことを考えても、できれば睡眠はたっぷりとりたいものです。特にパニック障害の患者さんには眠りは重要な治療のひとつともいえるます。

人間は眠れないと、体も心も疲れ切ってしまいます。とはいえ、病気のことをクヨクヨ考えて、眠れない夜もあるかもしれませんが、パニック障害は絶対に治る病気です!あまりクヨクヨしないようにして、気持ちを落ち着かせて十分な睡眠をとるようにしましょう。a0002_010098

十分な睡眠がとれれば、心も体も元気になれます。薬物療法も大切ですが、日頃のこうした心がけもとても大事なことなのです。医師だけに頼り切らずに、自分なりに「治りたいんだ!」という気持ちを強く持ち、パニック障害と向き合っていきましょうね。

そうすればきっと、病院だけに頼っている場合よりも、パニック障害が早く完治するはずです。また、ゆっくり眠ろうとは言っても、布団やベッドでゴロゴロしているだけでは何の意味もありません。体と心を休めることを考えましょう。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。