うつ病の症状

パニック障害の患者さんが、いつの間にかうつ病にもなっていた。
そんな状況を、周囲はもちろん患者さん本人も早く気づかなければ、さらに回復が遅れてしまうことになります。

うつ病の症状は以下のようなものになりますので、パニック障害の患者さんで気になる方はチェックしてみてくださいね。

■1日中気持ちが落ち込んでいて、どんなことにも興味も喜びも感じられない
■食欲がなく、毎晩よく眠れないa0027_000642
■訳も分からずイライラし、気持ちを切り替えられない
■すぐに体が疲れて根気がなくなり、活力も湧かない
■生きる気力がわかない、何のために生きているだろうと考えてしまう
■自分はダメだ、と強い劣等感を持ってしまう
■何かを決断しなくてはいけない場面でもそれができない、考えがまとまらない

パニック障害と同様に、うつ病は生活や環境の変化によって発症することが多く、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンなどのバランスが崩れることにより発症すると考えられています。

現実的な事例から考えると、抑うつ状態が続くうつ病は、時として自殺をも引き起こす恐い病気です。少しでもうつ病の疑いがあったら、つらい症状に悩む前にしっかりとした治療を受けましょう。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。