転地療法

パニック障害が発病してから1年半、いっこうに回復のきざしがないまま、黒酢をのんだり、貧血の治療をしたりと堂々巡りのような日々が続きました。

そのうちに故郷でもある北関東の町にパニック障害の権威がいるという事を知り、東京から2週間に一度通い始めるようになりました。

この先生の治療法は抗精神剤による対症療法に加え、ビタミンEやホルモン療法を加えたもので、患者の99%は様々な年代の女性でした。 「転地療法」の続きを読む…