パニック障害と運動療法

パニック障害の治療法として最も推奨したいのが、この運動療法です。
パニック障害患者さんは、えてして運動する事を嫌う傾向がありますが、やはり運動は健康の基本ですので、すすんで身体を動かすようにしましょうね。

また、運動は肉体面で身体をほぐしてリラックスさせるだけではなく、精神面にも非常に優れた効果を発揮します。実際に「運動を始めてからパニック障害が改善された」という人は非常に大勢いるのです。a0003_000850

運動の内容はなんでもいいのですが、ウォーキングなどの軽いものからはじめてみるのがいいでしょう。もちろん楽しんでやれれば、何かサークルなどに入ってサッカーや野球に興じるのもよいですし、スポーツクラブでビシバシ鍛えるのもいい方法です。

特におすすめするのが、ウォーキングやジョギングなど一定のリズムで動く運動です。
なぜならリズム運動をすると、脳内にセロトニンという「やる気」を司る神経伝達物質が分泌されやすくなるからなのです。

パニック障害は、もともとセロトニンなどの神経伝達物質の量や、バランスに異常があるために発症するとも言われているため、セロトニンの分泌を促進する、リズム運動で効果が得られるのは当たり前の話ですね。

その他には筋トレをして筋肉をつける、というのも有効なようです。理論はよくわかっていませんが、筋トレをしてパニック障害が改善された、という人もいますので、筋肉をつけることがパニック障害の改善に何らかの役立つのではないか、と言われています。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。