薬物療法

パニック障害は薬だけでは治せません。薬はあくまでも発作などの症状を抑えるだけですので、根本的な治療にはならないのです。とはいえ、一刻も早くつらい症状を緩和させるには、やはり薬の力が必要になります。

パニック障害の治療に使われる薬は、「SSRI」「抗不安薬」「三環系抗うつ薬」「その他」の薬に分けられます。医師は患者それぞれの症状に合わせて処方されますが、どの薬でも最低3ヶ月の服用が必要になります。

また、それで効果が見られても、そこから更に1年~1年半の薬の服用が必要になってきます。その後は医師の判断により、徐々に薬の量が減らされていきます。a0002_010446

■SSRI
SSRIは抗うつ薬の一種で、神経伝達物質であるセロトニンが、神経細胞への再取り込みを妨げて、うつの症状を抑える薬です。パニック障害にも効果が高くでるため、一般的に使用されています。

自己判断でいきなり服用をやめてしまうと、めまいや頭痛、不安感などの症状が出ることがありますので、医師の指示通りに服用しなければいけません。

■抗不安剤
SSRIが出てくるまでは、パニック障害の治療に広く使われていた薬です。中でもベンゾジアゼピン系のものが使用されていて、これらの薬は、フラフラしたり、眠気がきたりと副作用が若干強めに出るのが特徴です。
■三環系抗うつ薬
うつ病の治療に用いられる薬ですが、パニック障害に対しても効果が認められる薬になります。ただ、副作用として眠気や便秘、起立性低血圧、口の渇きなどが出やすい為に、抗不安剤やSSRIなどでも効果がみられない場合にのみ使用されるようになっているようです。
■その他の薬
上記の薬以外では、バルプロ酸という抗てんかん薬が使われたり、プロプラノロールというβ遮断薬などが使用される場合もあります。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。