頑張れと言わない優しさ

パニック障害患者の家族に求められることは、病気への理解です。頑張れ頑張れと尻を叩くようなことは、患者さんに焦りを感じさせるばかりか、病気の治療にも差し障ることがあるので、注意が必要になります。

何度も書きましたが、パニック障害の患者さんは、常に不安と恐怖にさらされています。
では「頑張れ」や「大丈夫?」という普通ならやさしい励ましの言葉が、パニック障害に関してはなぜ逆に作用してしまうのでしょうか?a0055_000936

肉体的な病気の場合には「頑張って!」「大丈夫?」という言葉をかけられると「自分の事を心配してくれている」と受け止め、ありがたい気持ちで、応援に応えようとしますよね。

ところが、パニック障害の患者さんの場合には、その応援が「自分がダメな人間だと決め付けられている」「頑張っているのにこれ以上どうすればいいの?」と感じられ、本人にとってかなりのプレッシャーになりますので絶対やめましょう。

言った方は本当に良くなってほしいと思って発した言葉でも、患者さん本人のためになる言葉ではないのです。これはパニック障害に限らず、心の病気にかかっている人全体に言えることですが、「頑張って!」「大丈夫?」は禁句です。

パニック障害でお困りの方は見て下さい。

メンタルサプリプログラム
恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート無)
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消する方法。
最短9分でパニック障害が改善
最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

うつ病でお悩みの方へ

【荒木式】うつ病改善プログラム~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
うつ病や精神疾患がなかなか良くならないのは実は、本人が悪いからではないのです。
2ヶ月間 うつ病改善プログラム(サポート有)
今から30分後には心身の不調が軽くなり重症でも2ヶ月以内に改善できる方法。